動物園
上野動物園 < 動物園 < HOME

上野動物園

日本で最も古く、また様々な動物の飼育にも造詣の深い動物園として名高い恩賜上野動物園。 その上野動物園の中でも人気の高いゾウ舎、クマ舎造りにアトリエ・ティーエムバーガーの技術が生かされています。GRC・FRPなどの素材を多用した立体造形で、来園者・動物園職員はもとより、動物にも快適な環境を創出することができたと自負しております。

上野動物園ゾウ舎

上野動物園ゾウ舎
擬木

既存の施設、2年に分けて改修・施工を実施しました。放飼場はオス・メスに分けられています。上野動物園の特長としては、他園よりも大型のプールがあるため、その周辺を際立たせるため、擁壁を擬岩で修景構成しました。
ゾウの生活空間には、背すり用のGRC擬岩を色粉混入により制作、牙すりが想定される個所には、独自に加工した金属性のピンを埋め込むことで対処しました。1年度の確認では数個所において、想定通りの背すりによる擬岩の磨耗状況が確認されています。

納期 6カ月
成型 GRC擬岩 マッドバンク擬岩
FRP擬木 GRC擬木

上野動物園クマ舎

上野動物園クマ舎・擬木・冬眠体験
上野動物園クマ舎

マレーグマ、ツキノワグマ、ヒグマなど熱帯から寒帯にかけて生息するクマを展示する上野動物園のクマ舎が2006年4月に完成。 ここではクマの野生に近い生態を展示するために、多角的な視点からの造形を行っています。

クマが木登りをしたり、休憩したりといった行動を自然に取れるようレイアウトに配慮すると共に、クマの重量や臂力に耐えうる重厚な造形をGRC素材などを使って実現させました。

納期 4カ月
成型 GRC擬岩 マッドバンク擬岩
FRP擬木 GRC擬木


Google
WWW を検索 tmbarger.com を検索