製品紹介
擬岩・擬木 < 製品紹介 < HOME

擬岩・擬木

擬岩・擬木擬岩・擬木とは、文字通り岩や木をかたどった立体造形物のことです。 テーマパークや動物園、水族館で自然に近い景観を演出するために配置されるのが、この擬岩・擬木。皆様も色々な展示物のなかで目にしたことがあるのではないでしょうか?こちらではそうした擬岩・擬木における立体造形・立体看板 アトリエ・ティーエムバーガーの施工技術をご紹介してまいります。

擬岩・擬木とは?

擬岩は文字通り岩を模した造形物で、ロックワークとも呼ばれ、主にセメントやモルタルにアクリルガラス繊維などを混ぜ込んで造る「GRC」という素材で形成されます。一方で擬木はこの「GRC」 のほかに、プラスチックにアクリル繊維を混入させた「FRP」という素材からも造られます。 当社では、いずれの場合もその技術を生かし、現物から精密な型取りをしたうえで、本物よりもリアルと言われるほどの立体造形物と、景観を形成します。

擬岩・擬木設置例

こちらでは、現在までに当社で工事・施工した擬岩・擬木の展示されている様子をご紹介しております。 リアルを追求する、当社の再現力をご覧ください。

擬岩設置例

現在まで当社が手掛けてまいりました、擬岩を用いて造られた創造物のご紹介です。

79 80 81
76 77 78
73 74 75
70 71 72
67 68 69
64 65 66
61 62 63
58 59 60
55 56 57
52 53 54
46 47 48
43 44 45
40 41 42
31 32 33
01 02 03
04 05 06
13 14 15
19 20 21
28 29 30

擬木設置例

現在まで当社が手掛けてまいりました、擬木を用いて造られた創造物のご紹介です。

122 123 124
119 120 121
116 117 118
113 114 115
110 111 112
107 108 109
104 105 106
101 102 103
49 50 51
37 38 39
34 35 36
07 08 09
10 11 12
16 17 18
22 23 24
25 26 27

Google
WWW を検索 tmbarger.com を検索